徒然草170)さしたることなくて人のがり行くは

 さしたることなくて人のがり行くは、よからぬことなり。用ありて行きたりとも、そのこと果てなば、とく帰るべし。久しくゐたる、いとむつかし。
 人と向ひたれば、ことば多く、身もくたびれ、心も静かならず、よろづのこと障りて時を移す、互ひのため益なし。いとはしげに言はむもわろし。心づきなきことあらむをりは、なかなかそのよしをも言ひてむ。同じ心に向かはまほしく思はむ人の、つれづれにて、「いましばし、今日は心静かに」など言はむは、この限りにはあらざるべし。阮籍が青き眼、たれもあるべきことなり。
 そのこととなき人の来りて、のどかに物語して帰りぬる、いとよし。また、文も、「久しく聞こえさせねば」などばかり言ひおこせたる、いとうれし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→