徒然草171)貝を覆ふ人の

 貝を覆ふ人の、我が前なるをばおきて、余所を見渡して、人の袖のかげ、膝の下まで目を配る間に、前なるをば人に覆はれぬ。よく覆ふ人は、余所までわりなく取るとは見えずして、近きばかり覆ふやうなれど、多く覆ふなり。碁盤の隅に石を立てて弾くに、向かひなる石をまぼりて弾くは、当たらず、我が手許をよく見て、ここなる聖目を直に弾けば、立てたる石、必ず当たる。
 よろづの事、外に向きて求むべからず。ただ、ここもとを正しくすべし。清献公が言葉に、「好事を行じて前程を問ふことなかれ」と言へり。世を保たむ道も、かくや侍らむ。内を慎まず、軽くほしきままにしてみだりなれば、遠き国必ず叛く時、初めてはかり事を求む。「風に当たり、湿に臥して、病を神霊に訴ふるは、愚かなる人なり」と医書に言へるがごとし。目の前なる人の愁へを止め、恵みを施し、道を正しくせば、その化遠く流れむ事を知らざるなり。禹の行きて三苗を征せしも、師をかへして徳を敷くには如かざりき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→