徒然草172)若きときは

 若きときは、血気うちにあまり、心、物に動きて、情欲多し。身を危ぶめてくだけやすきこと、珠を走らしむるに似たり。美麗を好みて宝を費やし、これを捨てて苔の袂にやつれ、勇める心さかりにして、物と争ひ、心に恥ぢうらやみ、好むところ日々に定まらず。色にふけり情けにめで、行をいさぎよくして百年の身を誤り、命を失へるためし願はしくして、身の全く久しからむことをば思はず、好けるかたに心ひきて、長き世語りともなる。身をあやまつことは、若きときのしわざなり。
 老いぬる人は、精神衰へ、淡くおろそかにして、感じ動くところなし。心おのづから静かなれば、無益のわざをなさず、身を助けて愁へなく、人の煩ひなからむことを思ふ。老いて知の若きときにまされること、若くしてかたちの老いたるにまされるがごとし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→