徒然草173)小野小町が事

 小野小町が事、極めて定かならず。衰へたる様は、「玉造」といふ文に見えたり。この文、清行が書けりといふ説あれど、高野大師の御作の目録に入れり。大師は承和のはじめにかくれ給へり。小町が盛りなる事、その後の事にや。なほおぼつかなし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→