徒然草174)小鷹によき犬

 小鷹によき犬、大鷹に使ひぬれば、小鷹にわろうなるといふ。大に付き小を捨つる理、まことにしかなり。
 人事多かる中に、道を楽しぶより気味深きはなし。これ、まことの大事なり。一度道を聞きて、これに志さむ人、いづれのわざか廃れざらむ。何事をか営まむ。愚かなる人といふとも、賢き犬の心に劣らざらむや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→