徒然草175)世には、心得ぬ事の多きなり

 世には、心得ぬ事の多きなり。ともある毎には、まづ酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事、いかなる故とも心得ず。飲む人の、顔いと堪え難げに眉をひそめ、人目をはかりて捨てむとし、逃げむとするを、捉へて引き止めて、すずろに飲ませつれば、うるはしき人も、忽ちに狂人となりてをこがましく、息災なる人も、目の前に大事の病者となりて、前後も知らず倒れ伏す。祝ふべき日などは、あさましかりぬべし。明くる日まで頭痛く、物食はず、によび臥し、生をへだてるやうにして、昨日の事覚えず、公私の大事を欠きて、煩らひとなる。人をしてかかる目を見する事、慈悲もなく、礼儀にも背けり。かく辛き目に逢ひたらむ人、ねたく、口惜しと思はざらむや。人の国にかかる習ひあなりと、これらになき人言にて伝へ聞きたらむは、あやしく、不思議に覚えぬべし。
 人の上にて見たるだに、心憂し。思ひ入りたるさまに心にくしと見し人も、思ふ所なく笑ひののしり、詞多く、烏帽子ゆがみ、紐外し、脛高く掲げて、用意なき気色、日ごろの人とも覚えず。女は額髪晴れらかに掻きやり、まばゆからず顔うちささげてうち笑ひ、盃持てる手に取り付き、よからぬ人は、肴取りて、口にさし当て、自らも食ひたる、様あし。声の限り出して、おのおの歌ひ舞ひ、年老いたる法師召し出されて、黒くきたなき身を肩脱ぎて、目も当てられずすぢりたるを、興じ見る人さへうとましく、憎し。あるはまた、我が身いみじき事どもかたはらいたく言ひ聞かせ、あるは酔ひ泣きし、下ざまの人は罵り合ひ争ひて、あさましく恐ろし。恥ぢがましく心憂き事のみありて、果ては、許さぬ物ども押し取りて、縁より落ち、馬車より落ちて過ちしつ。物にも乗らぬ際は、大路をよろぼひ行きて、築泥、門の下などに向きて、えも言はぬ事どもし散らし、年老い袈裟掛けたる法師の、小童の肩を押さへて、聞こへぬ事ども言ひつつよろめきたる、いとかはゆし。
 かかることをしても、この世も後の世も益あるべきわざならば、いかがはせむ。この世にはあやまち多く、財を失ひ、病をまうく。百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそおこれ。憂忘るといへど、酔ひたる人ぞ過ぎにしうさをも思ひ出でて泣くめる。後の世は人の知恵を失ひ、善根をやくこと火のごとくして、悪をまし、万の戒を破りて地獄に堕つべし。「酒をとりて人に飲ませたる人、五百生が間、手なき者に生まる」とこそ、仏は説き給ふなれ。
 かくうとましと思ふものなれど、おのづから捨て難き折もあるべし。月の夜、雪の朝、花の本にても、心のどかに物語して、盃出したる、万の興を添ふるわざなり。つれづれなる日、思ひの外に友の入り来て、とりおこなひたるも心なぐさむ。なれなれしからぬあたりの御簾のうちより、御果物、御酒など、よきやうなる気はひしてさし出だされたる、いとよし。冬、狭き所にて、火にて物煎りなどして、へだてなきどちさし向かひて多く飲みたる、いとをかし。旅の仮屋、野山などにて、「御肴何がな」など言ひて、芝の上にて飲みたるもをかし。いたういたむ人の、強いられて少し飲みたるも、いとよし。よき人の、とり分きて、「いまひとつ。上少なし」など宣はせたるもうれし。近づかまほしき人の、上戸にて、ひしひしと馴れぬる、またうれし。
 さは言へど、上戸は、をかしく罪許さるるものなり。酔ひくたびれて朝寝したる所を、あるじの引き開けたるに、惑ひて、惚れる顔ながら、細きもとどり差し出だし、物も着あへず抱き持ち、ひきしろひて逃ぐる、掻取姿の後ろ手、毛生ひたる細脛のほど、をかしく、つきづきし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→