徒然草176)黒戸は

 黒戸は、小松御門、位に即かせ給ひて、昔、ただ人にておはしましし時、まさな事せさせ給ひしを忘れ給はで、常に営ませ給ひける間なり。御薪にすすけたれば、黒戸と言ふとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→