徒然草177)鎌倉中書王にて

 鎌倉中書王にて御鞠ありけるに、雨降りて後、未だ庭の乾かざりければ、いかがせむと沙汰ありけるに、佐々木隠岐入道、鋸の屑を車に積みて、多く奉りければ、一庭に敷かれて、泥土のわづらひなかりけり。「取り溜めけむ用意、ありがたし」と、人感じ合へりけり。
 この事をある者の語り出でたりしに、吉田中納言の、「乾き砂子の用意やはなかりける」と宣ひたりしかば、恥づかしかりき。いみじと思ひける鋸の屑、賎しく異様の事なり。庭の儀を奉行する人、乾き砂子を設くるは故実なりとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→