徒然草179)入宋の沙門

 入宋の沙門道眼上人、一切経を持来して、六波羅のあたり、やけ野といふ所に安置して、殊に首楞厳経を講じて、那蘭陀寺と号す。その聖の申されしは、「那蘭陀寺は、大門北向きなりと、江師の説とて言ひ伝へたれど、西域伝、法顕伝などにも見えず、さらに所見なし。江師はいかなる才学にてか申されけむ、おぼつかなし。唐土の西明寺は、北向き勿論なり」と申しき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→