徒然草181)降れ降れ粉雪

 「『降れ降れ粉雪、たんばの粉雪』といふ事、米つき篩ひたるに似たれば、粉雪と言ふ。『たまれ粉雪』といふべきを、誤りて『たんばの』とは言ふなり。『垣や木の股に』と謡ふべしと、ある物知り申しき。昔より言ひける事にや。鳥羽院幼くおはしまして、雪の降るにかく仰せられける由、讃岐典侍が日記に書きたり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→