徒然草182)四条大納言隆親卿

 四条大納言隆親卿、乾鮭といふものを供御に参らせたりけるを、「かくあやしき物、参る様あらじ」と人の申しけるを聞きて、大納言、「鮭といふ魚、参らぬ事にてあらむにこそあれ、鮭の白乾し、なでふ事かあらむ。鮎の白乾しは参らぬかは」と申されけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→