徒然草183)人突く牛をば角を截り

 人突く牛をば角を截り、人喰ふ馬をば耳を截りて、そのしるしとす。しるしを付けずして人をやぶらせぬるは、主の咎なり。人喰ふ犬をば養ひ飼ふべからず。これ皆咎あり。律の禁なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→