徒然草184)相模守時頼の母は

 相模守時頼の母は、松下禅尼とぞ申しける。守を入れ申さるることありけるに、すすけある明り障子のやぶればかりを、禅尼手づから小刀して切りまはしつつ張られければ、兄の城介義景、その日の経営して候ひけるが、「たまはりて、なにがし男に張らせ候はむ。さやうのことに心得たる者に候」と申されければ、「その男、尼が細工によもまさり侍らじ」とて、なほ一間づつ張られけるを、義景、「みな張りかへ候はむは、はるかにたやすく候べし。まだらに候も見苦しくや」と重ねて申されければ、「尼も、後はさはさはと張りかへむと思へども、けふばかりはわざとかくてあるべきなり。物は破れたる所ばかりを修理にて用ゐることぞと、若き人に見ならはせて、心つけむためなり」と申されける、いとありがたかりけり。
 世を治むる道、倹約を本とす。女性なれども聖人の心に通へり。天下を保つほどの人を子にて持たれける、まことにただ人にはあらざりけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→