徒然草185)城陸奥守泰盛は

 城陸奥守泰盛は、双なき馬乗なりけり。馬を引き出ださせけるに、足をそろへてしきみをゆらりと越ゆるを見ては、「これは勇める馬なり」とて、鞍を置きかへさせけり。また、足をのべてしきみに蹴あてぬれば、「これは鈍くしてあやまちあるべし」とて乗らざりけり。
 道を知らざらむ人、かばかり恐れなむや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→