徒然草186)吉田と申す馬乗り

 吉田と申す馬乗りの申し侍りしは、「馬ごとにこはきものなり。人の力、争ふべからずと知るべし。乗るべき馬をばまづよく見て、強き所弱き所を知るべし。次に、轡、鞍の具に危ふき事やあると見て、心にかかる事あらば、その馬を馳すべからず。この用意を忘れざるを、馬乗りとは申すなり。これ秘蔵のことなり」と申しき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→