徒然草188)ある者、子を法師になして

 ある者、子を法師になして、「学問して因果の理をも知り、説教などして世わたるたづきともせよ」といひければ、教へのままに説教師にならむために、まづ馬に乗り習ひけり。輿、車は持たぬ身の、導師に請ぜられむ時、馬など迎へにおこせたらむに、桃尻にて落ちなむは、心憂かるべしと思ひけり。次に、仏事ののち、酒など勧むることあらむに、法師のむげに能なきは檀那すさまじく思ふべしとて、早歌といふことを習ひけり。二つのわざやうやう境に入りければ、いよいよよくしたくおぼえてたしなみけるほどに、説教習ふべきいとまなくて、年よりにけり。
 この法師のみにもあらず、世間の人、なべてこのことあり。若きほどは、諸事につけて、身を立て、大きなる道をも成じ、能をもつき、学問をもせむと、行く末久しくあらますことども心にはかけながら、世をのどかに思ひてうち怠りつつ、まづさしあたりたる目の前のことにのみまぎれて月日を送れば、事々なすことなくして身は老いぬ。つひに者の上手にもならず、思ひしやうに身をも持たず、悔ゆれどもとり返さるる齢ならねば、走りて坂をくだる輪のごとくに衰へゆく。
 されば、一生のうち、むねとあらまほしからむことの中に、いづれかまさるとよく思ひくらべて、第一の事を案じ定めて、その外は思ひすてて、一事をはげむべし。一日の中、一時の中にも、あまたのことの来らむなかに、少しも益のまさらむことをいとなみて、その外をばうちすてて、大事をいそぐべきなり。何方をもすてじと心にとりもちては、一事もなるべからず。
 たとへば碁をうつ人、一手もいたづらにせず、人にさきだちて、小を捨て大につくがごとし。それにとりて、三つの石をすてて十の石につくことはやすし。十を捨て、十一につくことはかたし。一つなりともまさらむ方へこそつくべきを、十までなりぬれば、をしく覚えて、多くまさらぬ石にはかへにくし。これをも捨てず、かれをも取らむと思ふ心に、かれをもえず、これをも失ふべき道なり。
 京に住む人、急ぎて東山に用ありて、すでに行きつきたりとも、西山に行きてその益まさるべきことを思ひ得たらば、門よりかへりて西山へ行くべきなり。ここまで来つきぬれば、このことをばまづいひてむ。日をささぬことなれば、西山のことは、かへりてまたこそ思ひ立ためと思ふゆゑに、一時の懈怠、すなはち一生の懈怠となる。これを恐るべし。
 一事を必ず成さむと思はば、他のことの破るるをもいたむべからず。人のあざけりをも恥づべからず。万事にかへずしては、一の大事成るべからず。人のあまたありける中にて、あるもの、「ますほのすすき、まそほのすすきなどいふことあり。わたのべの聖、この事を伝へ知りたり」と語りけるを、登蓮法師、その座に侍りけるが聞きて、雨の降りけるに、「蓑かさやある、かし給へ。彼の薄のことならひに、わたのべの聖のがり尋ねまからむ」といひけるを、「あまりに物さわがし。雨やみてこそ」と人のいひければ、「無下の事をも仰せらるるものかな。人の命は雨の晴れ間をも待つものかは。我も死に、聖も失せなば、尋ね聞きてむや」とて、走り出でて行きつつ、ならひ侍りにけりと申し伝へたるこそ、ゆゆしくありがたう覚ゆれ。「敏きときは則ち功あり」とぞ、論語といふ文にも侍るなる。この薄をいぶかしく思ひけるやうに、一大事因縁をぞ思ふべかりける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→