徒然草190)妻といふものこそ

 妻といふものこそ、男の持つまじきものなれ。「いつも独り住みにて」など聞くこそ心にくけれ、「誰がしが婿になりぬ」とも、また、「いかなる女を取り据ゑて相住む」など聞きつれば、無下に心劣りせらるるわざなり。ことなることなき女をよしと思ひ定めてこそ添ひゐたらめと、いやしくもおしはかられ、よき女ならば、この男をぞ、らうたくして、あが仏と守りゐたらめ、たとへば、さばかりにこそと覚えぬべし。まして、家の内を行ひ治めたる女、いと口惜し。子など出で来て、かしづき愛したる、心憂し。男なくなりて後、尼になりて年寄りたる有様、亡き跡まであさまし。
 いかなる女なりとも、明暮添ひ見むには、いと心づきなく、憎かりなむ。女のためも半空にこそならめ。よそながら時々通ひ住まむこそ、年月経ても絶えぬ仲らひともならめ。あからさまに来て、泊まり居などせむは、めづらしかりぬべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→