徒然草191)夜に入りて、物の映えなし

 夜に入りて、物の映えなしといふ人、いと口惜し。よろづのものの綺羅、飾り、色ふしも、夜のみこそめでたけれ。昼は、ことそぎ、およすけたる姿にてもありなむ。夜は、きららかに、はなやかなる装束、いとよし。人の気色も、夜の火影ぞ、よきはなく、物言ひたる声も、暗くて聞きたる、用意ある、心にくし。匂ひも、ものの音も、ただ、夜ぞひときはめでたき。
 さして殊なる事なき夜、うち更けて参れる人の、清げなるさましたる、いとよし。若きどち、心とどめて見る人は、時をも分かぬものなれば、ことにうち解けぬべき折節ぞ、褻晴れなくひきつくろはまほしき。よき男の、日暮れてゆするし、女も、夜更くるほどにすべりつつ、鏡取りて、顔などつくろひて出づるこそをかしけれ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→