徒然草193)くらき人の

 くらき人の、人をはかりて、その智を知れりと思はむ、さらに当たるべからず。
 つたなき人の、碁打つ事ばかりにさとく巧みなるは、賢き人の、この芸におろかなるを見て、おのれが智に及ばずと定めて、よろづの道の匠、我が道を人の知らざるを見て、おのれすぐれたりと思はむ事、大きなる誤りなるべし。文字の法師、暗證の禅師、互ひにはかりて、おのれに如かずと思へる、ともに当たらず。
 おのれが境界にあらざるものをば、争ふべからず、是非すべからず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→