徒然草194)達人の、人を見る眼は

 達人の、人を見る眼は、少しも誤る所あるべからず。
 例へば、ある人の、世に虚言を構へ出だして人を謀る事あらむに、素直にまことと思ひて、言ふままに謀らるる人あり。余りに深く信を起こして、なほ煩はしく虚言を心得添ふる人あり。また、何としも思はで、心をつけぬ人あり。また、いささかおぼつかなく覚えて、頼むにもあらず、頼まずもあらで、案じゐたる人あり。また、まことしくは覚えねども、人の言ふ事なれば、さもあらむと止みぬる人もあり。また、さまざまに推し、心得たるよしして、賢げにうちうなづき、ほほ笑みてゐたれど、つやつや知らぬ人あり。また、推し出だして、「あはれ、さるめり」と思ひながら、なほ、誤りもこそあれと怪しむ人あり。また、「異なるやうもなかりけり」と、手を打ちて笑ふ人あり。また、心得たれども、知れりとも言はず、おぼつかなからぬは、とかくの事なく、知らぬ人と同じやうにて過ぐる人あり。また、虚言の本意を初めより心得て、少しもあざむかず、構へ出だしたる人と同じ心になりて、力を合はする人あり。
 愚者の中の戯れだに、知りたる人の前にては、このさまざまの得たる所、詞にても顔にても、隠れなく知られぬべし。まして、明らかならむ人の、惑へる我等を見むこと、掌の上の物を見むがごとし。但し、かやうの推し測りにて、仏法までをなずらへ言ふべきにはあらず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→