徒然草195)ある人、久我縄手を通りけるに

 ある人、久我縄手を通りけるに、小袖に大口着たる人、木造りの地蔵を田の中の水におし浸して、ねむごろに洗ひけり。心得難く見るほどに、狩衣の男二三人出で来て、「ここにおはしましけり」とて、この人を具して去にけり。久我内大臣殿にてぞおはしける。
 尋常におはしましける時は、神妙に、やむごとなき人にておはしけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→