徒然草196)東大寺の神輿

 東大寺の神輿、東寺の若宮より帰座の時、源氏の公卿参られけるに、この殿、大将にて先をおはれけるを、土御門相国、「社頭にて警蹕いかが侍るべからむ」と申されければ、「随身の振舞は、兵杖の家が知る事に候ふ」とばかり答へ給ひけり。
 さて、後に仰せられけるは、「この相国、北山抄を見て、西宮の説をこそ知らざりけれ。眷属の悪鬼悪神恐るる故に、神社にて、殊に先を追ふべき理あり」とぞ仰せられける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→