徒然草202)十月を神無月と言ひて

 十月を神無月と言ひて、神事に憚るべきよしは、記したる物なし。本文も見えず。但し、当月、諸社の祭りなき故にこの名あるか。
 この月、よろづの神達太神宮に集まり給ふなど言ふ説あれども、その本説なし。さる事ならば、伊勢には殊に祭月とすべきに、その例もなし。十月、諸社の行幸、その例も多し。但し、多くは不吉の例なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→