徒然草203)勅勘の所に靫懸くる作法

 勅勘の所に靫懸くる作法、今は絶えて知れる人なし。主上の御悩、大方世の中の騒がしき時は、五条の天神に靫を懸けらる。鞍馬に「ゆぎの明神」といふも、靫懸けられたりける神なり。看督長の負ひたる靫を、その家に懸けられぬれば、人出で入らず。この事絶えて後、今の世には、封を著くることになりにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→