徒然草206)徳大寺故大臣殿

 徳大寺故大臣殿、検非違使の別当の時、中門にて使庁の評定行はれけるほどに、官人章兼が牛はなれて、庁の内へ入りて、大理の座のはまゆかの上に登りて、にれうちかみて臥したりけり。重き怪異なりとて、牛を陰陽師のもとへつかはすべきよし、各々申しけるを、父の相国聞き給ひて、「牛に分別なし。足あれば、いづくへか登らざらむ。尫弱の官人、たまたま出仕の微牛を取らるべきやうなし」とて、牛をば主に返して、臥したりける畳をば換へられにけり。あへて凶事なかりけるとなむ。
 「怪しみを見て怪しまざる時は、怪しみかへりて破る」と言へり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→