徒然草208)経文などの紐を結ふに

 経文などの紐を結ふに、上下よりたすきにちがへて、二筋の中より、わなの頭を横様に引き出す事は、常のことなり。さやうにしたるをば、華厳院弘舜僧上、解きて直させけり。「これは、このごろやうのことなり。いとにくし。うるはしくは、ただ、くるくると巻きて上より下へ、縄の先を挟むべし」と申されけり。古き人にて、かやうの事知れる人になむ侍りける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→