徒然草209)人の田を論ずる者

 人の田を論ずる者、うたへに負けて、ねたさに、「その田を刈りて取れ」とて人をつかはしけるに、まづ道すがらの田をさへ刈りもてゆくを、「これは論じ給ふところにあらず。いかにかくは」といひければ、刈る者ども、「その所とても、刈るべき理なけれども、僻事せむとてまかる者なれば、いづくをか刈らざらむ」とぞいひける。理いとをかしけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→