徒然草211)よろづの事は頼むべからず

 よろづの事は頼むべからず。愚かなる人は、深くものを頼む故に、恨み、怒る事あり。
 勢ひありとて頼むべからず。こはき者まづ滅ぶ。財多しとて頼むべからず。時の間に失ひ易し。才ありとて頼むべからず。孔子も時に遇はず。徳ありとて頼むべからず。顔回も不幸なりき。君の寵をも頼むべからず。誅を受くる事すみやかなり。奴従へりとて頼むべからず。背き走る事あり。人の志をも頼むべからず。必ず変ず。約をも頼むべからず。信あること少し。身をも人をも頼まざれば、是なる時は喜び、非なる時は恨みず。
 左右広ければ障らず、前後遠ければ塞がらず。狭き時は拉げ砕く。心を用ゐる事少しきにして厳しき時は、ものに逆ひ、争ひて破る。緩くして柔らかなる時は、一毛も損せず。
 人は天地の霊なり。天地は限る所なし。人の性、何ぞ異ならむ。寛大にして極まらざる時は、喜怒これに障らずして、もののために煩はず。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→