徒然草212)秋の月は

 秋の月は、限りなくめでたきものなり。いつとても月はかくこそあれとて、思ひ分かざらむ人は、無下に心うかるべきことなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→