徒然草214)相夫恋といふ楽は

 想夫恋といふ楽は、女、男を恋ふる故の名にはあらず、本は相府蓮、文字の通へるなり。晋の王倹、大臣として、家に蓮を植ゑて愛せし時の楽なり。これより、大臣を蓮府といふ。廻忽も廻鶻なり。廻鶻国とて、夷のこはき国あり。その夷、漢に伏して後に来りて、おのれが国の楽を奏せしなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→