徒然草215)平宣時朝臣

 平宣時朝臣、老いの後、昔語りに、「最明寺入道、ある宵の間に呼ばるることありしに、『やがて』と申しながら、直垂のなくてとかくせしほどに、また使ひ来たりて、『直垂などの候はぬにや。夜なれば異様なりとも、とく』とありしかば、なえたる直垂、うちうちのままにてまかりたりしに、銚子に土器取り添へて持て出でて、『この酒を一人たうべむがさうざうしければ、申しつるなり。肴こそなけれ、人は静まりぬらむ、さりぬべき物やあると、いづくまでも求め給へ』とありしかば、紙燭さして、くまくまを求めしほどに、台所の棚に、小土器に味噌の少しつきたるを見出でて、『これぞ求め得て候ふ』と申ししかば、『こと足りなむ』とて、心よく数献に及びて、興に入られ侍りき。その世にはかくこそ侍りしか」と申されき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→