徒然草216)最明寺入道

 最明寺入道、鶴岡の社参の次に、足利左馬入道のもとへ、まづ使を遣して、立ち入られたりけるに、あるじまうけせられたりける様、一献に打ち鮑、二献に海老、三献にかいもちひにて止みぬ。その座には、亭主夫婦、隆辨僧正、主方の人にて座せられけり。さて、「年ごとに給はる足利の染物、心もとなく候」と申されければ、「用意し候」とて、いろいろの染物三十、前にて、女房どもに小袖に調ぜさせて、後に遣はされけり。
 その時見たる人の、近くまで侍りしが、語り侍りしなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→