徒然草218)狐は人に食ひつくものなり

 狐は人に食ひつくものなり。堀川殿にて、舎人が寝たる足を狐に食はる。仁和寺にて、夜、本寺の前を通る下法師に狐三つ飛びかかりて食ひつきければ、刀を抜きてこれを防ぐ間、狐二匹を突く。一つは突き殺しぬ。二つは逃げぬ。法師は、あまた所食はれながら、ことゆゑなかりけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→