徒然草219)四条黄門命ぜられていはく

 四条黄門命ぜられていはく、「龍秋は、道にとりてはやむごとなき者なり。先日来りていはく、『短慮の至り、極めて荒涼の事なれども、横笛の五の穴は、いささかいぶかしき所の侍るかと、ひそかにこれを存ず。その故は、干の穴は平調、五の穴は下無調なり。その間に、勝絶調を隔てたり。上の穴、双調。次に、鳧鐘調をおきて、夕の穴、黄鐘調なり。その次に鸞鏡調をおきて、中の穴、盤渉調、中と六とのあはひに神仙調あり。かやうに間々に皆一律をぬすめるに、五の穴のみ、上の間に調子を持たずして、しかも間を配る事等しき故に、その声不快なり。されば、この穴を吹く時は、必ずのく。のけあへぬ時は、物に合はず。吹き得る人難し』と申しき。料簡の至り、まことに興あり。先達、後生を畏るといふこと、この事なり」と侍りき。
 他日に、景茂が申し侍りしは、「笙は、調べをほせて持ちたれば、ただ吹くばかり。笛は、吹きながら息のうちにてかつ調べもてゆく物なれば、穴ごとに、口伝の上に性骨を加へて、心を入るること、五の穴のみに限らず。ひとへにのくとばかりも定むべからず。あしく吹けば、いづれの穴も心よからず。上手はいづれをも吹き合はす。呂律のものに適はざるは、人の咎なり。器の失にあらず」と申しき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→