徒然草221)建治、弘安のころ

 「建治、弘安のころは、祭りの日の放免の付け物に、異様なる紺の布四五反にて馬を作りて、尾、髪にはとうじみをして、蜘蛛の網描きたる水干に付けて、歌の心など言ひて渡りし事、常に見及び侍りしなども、興ありてしたる心地にてこそ侍りしか」と、老いたる道志どもの、今日も語り侍るなり。
 このごろは、付け物、年を送りて過差殊の外になりて、よろづの重き物を多く付けて、左右の袖を人に持たせて、自らはほこをだに持たず、息づき、苦しむ有り様、いと見苦し。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→