徒然草224)陰陽師有宗入道

 陰陽師有宗入道、鎌倉より上りて、尋ねまうで来りしが、まづさし入りて、「この庭のいたづらに広きこと、あさましく、あるべからぬ事なり。道を知る者は、植うる事を努む。細道一つ残して、皆畠に作り給へ」と諌め侍りき。
 まことに、少しの地をもいたづらに置かむことは、益なき事なり。食ふ物、薬種などを植ゑ置くべし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→