徒然草225)多久助が申しけるは

 多久助が申しけるは、通憲入道、舞の手の中に、興ある事どもを撰びて、磯の禅師といひける女に教へて舞はせけり。白き水干に、鞘巻を差させ、烏帽子を引き入れたりければ、男舞とぞ言ひける。禅師が娘、静と言ひける、この芸を継げり。これ白拍子の根元なり。仏神の本縁をうたふ。その後、源光行、多くの事を作れり。後鳥羽院の御作もあり。亀菊に教へさせ給ひけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→