徒然草227)六時礼讃は

 六時礼讃は、法然上人の弟子、安楽といひける僧、経文を集めて作りて、つとめにしけり。その後、太秦善観房といふ僧、節博士を定めて声明になせり。一念の念仏の最初なり。後嵯峨院の御代より始まれり。法事讃も同じく善観房始めたるなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→