徒然草230)五条内裏には、妖物ありけり

 五条内裏には、妖物ありけり。藤大納言殿語られ侍りしは、殿上人ども、黒戸にて碁を打ちけるに、御簾をかかげて見るものあり。「誰そ」と見向きたれば、狐、人のやうについゐて、さし覗きたるを、「あれ狐よ」ととよまれて、惑ひ逃げにけり。未練の狐、化け損じけるにこそ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→