徒然草231)園の別当入道は

 『「園の別当入道はさうなき庖丁者なり。ある人のもとにて、いみじき鯉をいだしたりければ、みな人、別当入道の庖丁を見ばやと思へども、たやすくうちいでむもいかがとためらひけるを、別当入道さる人にて、『このほど百日の鯉を切り侍るを、けふ欠き侍るべきにあらず。まげて申しうけむ』とて切られける、いみじくつきづきしく、興ありて人ども思へりける」と、ある人、北山の太政入道殿に語り申されたりければ、「かやうのこと、おのれはよにうるさくおぼゆるなり。『切りぬべき人なくば、たべ。切らむ』といひたらむはなほよかりなむ。何でふ、百日の鯉を切らむぞ」と宣ひたりし、をかしくおぼえし』と人の語り給ひける、いとをかし。
 おほかた、ふるまひて興あるよりも、興なくてやすらかなるが、まさりたることなり。まれ人の饗応なども、ついでをかしきやうに取りなしたることもまことによけれども、ただそのこととなくて取りいでたる、いとよし。人に物を取らせたるも、ついでなくて、「これを奉らむ」といひたる、まことの志なり。惜しむよしして乞はれむと思ひ、勝負の負わざにことつけてなどしたる、むつかし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→