徒然草232)すべて人は無智、無能なるべきものなり

 すべて、人は、無智、無能なるべきものなり。ある人の子の、身ざまなど悪しからぬが、父の前にて、人ともの言ふとて、史書の文を引きたりし、賢しくは聞こえしかども、尊者の前にてはさらずとも覚えしなり。
 また、ある人のもとにて、琵琶法師の物語を聞かむとて、琵琶を召し寄せたるに、柱の一つ落ちたりしかば、「作りて付けよ」と言ふに、ある男の中に、悪しからずと見ゆるが、「古き柄杓の柄ありや」などいふを見れば、爪を生ほしたり。琵琶など弾くにこそ。盲法師の琵琶、その沙汰にも及ばぬことなり。道に心得たるよしにやと、かたはらいたかりき。「柄杓の柄は、桧物木とかやいひて、よからぬ物に」とぞある人仰せられし。
 若き人は、少しの事も、よく見え、わろく見ゆるなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→