徒然草233)よろづの咎あらじと思はば

 よろづの咎あらじと思はば、何事にもまことありて、人を分かずうやうやしく、ことば少なからむにはしかじ。男女老少みなさる人こそよけれども、ことに若くかたちよき人の、言うるはしきは、忘れがたく思ひつかるるものなり。
 よろづのとがは、なれたるさまに上手めき、所得たるけしきして、人をないがしろにするにあり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→