徒然草234)人の物を問ひたるに

 人の物を問ひたるに、知らずしもあらじ、ありのままに言はむはをこがましとにや、心まどはすやうに返り事したる、よからぬことなり。知りたることも、なほさだかにと思ひてや問ふらむ。また、まことに知らぬ人もなどかなからむ。うららかにいひきかせたらむは、おとなしく聞こえなまし。
 人はいまだ聞き及ばぬことを、わが知りたるままに、「さてもその人のことのあさましさ」などばかりいひやりたれば、「いかなることのあるにか」と、おし返し問ひにやるこそ心づきなけれ。世にふりぬることをも、おのづから聞きもらすあたりもあれば、おぼつかなからぬやうに告げやりたらむ、あしかるべきことかは。
 かやうのことは、ものなれぬ人のあることなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→