徒然草235)主ある家には

 主ある家には、すずろなる人、心のままに入り来ることなし。あるじなき所には、道行き人みだりにたち入り、狐、梟やうのものも、人げにせかれねば、所得顔に入り住み、こだまなどいふけしからぬ形もあらはるるものなり。また、鏡には色形なきゆゑに、よろづの影来りてうつる。鏡に色形あらましかば、うつらざらまし。
 虚空よく物を容る。われらが心に、念々のほしきままに来たり浮ぶも、心といふもののなきにやあらむ。心に主あらましかば、胸の中にそこばくのことは入り来たらざらまし。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→