徒然草236)丹波に出雲といふ所あり

 丹波に出雲といふ所あり。大社をうつして、めでたくつくれり。しだのなにがしとかやしる所なれば、秋のころ、聖海上人、そのほかも、人あまた誘ひて、「いざ給へ、出雲拝みに。かいもちひ召させむ」とて具しもていきたるに、おのおの拝みて、ゆゆしく信おこしたり。
 御前なる獅子、狛犬、そむきて、後ろさまに立ちたりければ、上人いみじく感じて、「あなめでたや。この獅子の立ちやう、いとめづらし。ふかきゆゑあらむ」と涙ぐみて、「いかに殿ばら、殊勝の事は御覧じとがめずや。むげなり」と言へば、おのおのあやしみて、「まことに他に異なりけり。都のつとに語らむ」など言ふに、上人なほゆかしがりて、おとなしく物知りぬべき顔したる神官を呼びて、「この御社の獅子の立てられやう、さだめてならひあることに侍らむ。ちと承らばや」と言はれければ、「そのことに候ふ。さがなき童べどものつかまつりける、奇怪に候ふことなり」とて、さしよりて、据ゑなほして往にければ、上人の感涙いたづらになりにけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→