徒然草237)柳筥に据うる物は

 柳筥に据うる物は、縦様、横様、物によるべきにや。「巻物などは、縦様に置きて、木の間より紙ひねりを通して、結ひ付く。硯も、縦様に置きたる、筆転ばず、よし」と、三条右大臣殿仰せられき。
 勘解由小路の家の能書の人々は、仮にも縦様に置かるる事なし。必ず、横様に据ゑられ侍りき。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→