徒然草238)御随身近友が自讃とて

 御随身近友が自讃とて、七箇条書き止めたる事あり。皆、馬芸、させることなき事どもなり。その例を思ひて、自讃の事七つあり。
 一、人あまた連れて花見ありきしに、最勝光院の辺にて、男の馬を走らしむるを見て、「今一度馬を馳するものならば、馬倒れて、落つべし。しばし見給へ」とて立ち止まりたるに、また、馬を馳す。止むる所にて、馬を引き倒して、乗る人、泥土の中に転び入る。その詞の誤らざる事を、人皆感ず。
 一、当代、未だ坊におはしまししころ、万里小路殿御所なりしに、堀川大納言伺候し給ひし御曹司へ用ありて参りたりしに、論語の四、五、六の巻をくりひろげ給ひて、「ただ今、御所にて、紫の朱奪ふことを悪むといふ文を御覧ぜられたき事ありて、御本を御覧ずれども、御覧じ出だされぬなり。『なほよく引き見よ』と仰せ事にて、求むるなり」と仰せらるるに、「九の巻のそこそこに侍る」と申したりしかば、「あな嬉し」とて、もて参らせ給ひき。かほどの事は児どもも常の事なれど、昔の人はいささかのことをもいみじく自讃したるなり。後鳥羽院の御歌に、「袖と袂と、一首の中に悪しかりなむや」と定家卿に尋ね仰せられたるに、「『秋の野の草の袂か花薄穂に出でて招く袖と見ゆらむ』と侍れば、何事か候ふべき」と申されたる事も、「時に当たりて本歌を覚悟す。道の冥加なり、高運なり」など、ことごとしく記し置かれ侍るなり。九条相国伊通公の款状にも、ことなることなき題目をも書き載せて、自讃せられたり。
 一、常在光院の撞き鐘の銘は、在兼卿の草なり。行房朝臣清書して、鋳型に模さむとせしに、奉行の入道、かの草を取り出でて見せ侍りしに、「花のほかに夕を送れば、声百里に聞こゆ」といふ句あり。「陽唐の韻と見ゆるに、百里誤りか」と申したりしを、「よくぞ見せ奉りける。おのれが高名なり」とて、筆者のもとへ言ひ遣りたるに、「誤り侍りけり。数行と直さるべし」と返事侍りき。数行もいかなるべきにか。もし数歩の心か。おぼつかなし。
 一、人あまた伴ひて、三塔巡礼の事侍りしに、横川の常行堂のうち、竜華院と書ける古き額あり。「佐理、行成の間疑ひありて、未だ決せずと申し伝へたり」と、堂僧ことごとしく申し侍りしを、「行成ならば、裏書あるべし。佐理ならば、裏書きあるべからず」と言ひたりしに、裏は、塵積もり、虫の巣にていぶせげなるを、よく掃きのごひて、各々見侍りしに、行成位書名字、年号、定かに見え侍りしかば、人皆興に入る。
 一、那蘭陀寺にて、道眼聖談義せしに、八災といふを忘れて、「これや覚え給ふ」と言ひしを、所化皆覚えざりしに、局の内より、「これこれにや」と言ひ出だしたれば、いみじく感じ侍りき。
 一、賢助僧正にともなひて、加持香水を見侍りしに、未だ果てぬほどに、僧正帰りて侍りしに、陣の外まで僧都見えず。法師どもを帰して求めさするに、「同じ様なる大衆多くて、え求めあはず」と言ひて、いと久しくて出でたりしを、「あなわびし。それ、求めておはせよ」と言はれしに、帰り入りて、やがて具して出でぬ。
 一、二月十五日、月明かき夜、打ち更けて千本の寺に詣でて、後ろより入りて、ひとり顔深く隠して聴聞し侍りしに、優なる女の、姿、匂ひ、人よりことなるが、分け入りて膝に居かかれば、匂ひなども移るばかりなれば、便あしと思ひて、すり退きたるに、なほ居寄りて、同じ様なれば、立ちぬ。その後、ある御所様の古き女房の、そぞろごと言はれしついでに、「無下に色なき人におはしけりと、見おとし奉る事なむありし。情なしと恨み奉る人なむある」と宣ひ出だしたるに、「さらにこそ心得侍らね」と申してやみぬ。この事、後に聞き侍りしは、かの聴聞の内より、人の御覧じ知りて、候ふ女房を、作り立てて出し給ひて、「便よくは、言葉などかけむものぞ。その有様参りて申せ。興あらむ」とて謀らせ給ひけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→