徒然草240)しのぶの浦の蜑の見るめも

 しのぶの浦の蜑の見るめも所せく、くらぶの山も守る人繁からむに、わりなく通はむ心の色こそ、浅からず、あはれと思ふ節々の忘れ難き事も多からめ、親はらから許して、ひたぶるに迎へ据ゑたらむ、いとまばゆかりぬべし。
 世にありわぶる女の、似げなき老法師、あやしの東人なりとも、賑ははしきにつきて、「誘ふ水あらば」など言ふを、仲人、いづかたも心にくき様に言ひなして、知られず知らぬ人を迎へもて来たらむあいなさよ。何事をか打ち出づる言の葉にせむ。年月のつらさをも、「分け来し葉山の」なども相語らむこそ、尽きせぬ言の葉にてもあらめ。
 すべて、余所の人の取りまかなひたらむ、うたて心づきなき事多かるべし。よき女ならむに付けても、品下り、見にくく、年も長けなむ男は、かくあやしき身のために、あたら身をいたづらになさむやはと、人も心劣りせられ、我が身は、向かひゐたらむも、影恥づかしく覚えなむ。いとこそあいなからめ。
 梅の花かうばしき夜の朧月にたたづみ、御垣が原の露分け出でむ有明の空も、我が身様にしのばるべくもなからむ人は、ただ、色好まざらむには如かじ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→