徒然草241)望月のまどかなる事は

 望月のまどかなる事は、暫くも住せず、やがて欠けぬ。心止めぬ人は、一夜のうちにさまで変はるさまも見えぬにやあらむ。病の重るも、住する隙なくして、死期すでに近し。されども、未だ病急ならず、死におもむかざるほどは、常住平生の念にならひて、生のうちに多くの事を成じて後、静かに道を修せむと思ふほどに、病を受けて死門に臨む時、所願一事も成ぜず。言ふかたなくて、年月の懈怠を悔いて、このたび、もし立ち直りて命を全くせば、夜を日に継ぎて、この事かの事、怠らず成じてむと願ひを起こすらめど、やがて重りぬれば、我にもあらず取り乱して果てぬ。この類のみこそあらめ。この事、まづ、人々、急ぎ心に置くべし。
 所願を成じて後、暇ありて道に向かはむとせば、所願尽くべからず。如幻の生のうちに、何事をかなさむ。すべて、所願皆妄想なり。所願心に来たらば、妄心迷乱すと知りて、一事をもなすべからず。直に万事を放下して道に向かふ時、障りなく、所作なくて、心身長く静かなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→