徒然草242)とこしなへに違順に使はるる事は

 とこしなへに違順に使はるる事は、ひとへに苦楽のためなり。楽といふは、好み愛する事なり。これを求むること、止む時なし。楽欲する所、一つには名なり。名に二種あり。行跡と才芸との誉れなり。二つには色欲、三つには味はひなり。よろづの願ひ、この三つには如かず。これ、顛倒の相より起こりて、若干の煩ひあり。求めざらむには如かじ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『徒然草』の章を紹介してみる→